投稿日:2017/06/25 更新日: 雑記

DEIM2017で発表した主著論文が最優秀論文賞を受賞しました

データベースコミュニティにおける最大の国内会議DEIM2017で発表した主著論文「Songrium派生要因分析:N次創作活動のモデル化による派生要因鑑賞サービス」が最優秀論文賞を受賞し、2017年6月24日に行われた授賞式に出席してきました。

DEIMの口頭発表には、次の2種類のセッションがあります。(1)博士後期課程の学生、博士号取得希望の学生および社会人、博士号取得後3年以内の若手研究者が対象のPh.Dセッション。(2)それ以外の学生・研究者が対象の一般セッション。最優秀論文賞はPh.Dセッション、一般セッションそれぞれから1本ずつ選ばれます。私は博士号取得後2年半であったため、Ph.Dセッションで発表しました。今回発表した内容の概要はこちらからご覧いただけます。

特にPh.Dセッションでは、トップレベルの国際会議に採択された研究を始めとして、質の高い研究が多いように思います。Ph.Dセッションの他の方の発表を色々と聞きましたが、研究テーマとして面白いことに加えて、技術的にも深いことをしている研究が多く、素直に「みんなすごい研究をしてるな」と思いました。そんな中で、最優秀論文賞の受賞の通知を貰ったときは、喜ぶよりも先に非常に驚きました。我々の論文を評価していただいた委員の皆さまに改めて感謝申し上げます。

今後も、国際会議で発表することはもちろんですが、国内会議でも積極的に発表し続けたいと思います。

DEIM2017実行委員長の東大の豊田先生(左)から賞状をいただきました。

立派な盾もいただきました。


-雑記

関連記事

【書籍紹介】ITエンジニアのための機械学習理論入門

著者 :中井 悦司 出版社:技術評論社 発売日:2015/10/17 Amazon 概要 機械学習のアルゴリズムとして、回帰分析(最小二乗法、最尤推定法、ベイズ推定)、分類(パーセプトロン、ロジスティ …

PAKDD2017 参加報告

PAKDD2017が韓国の済州島にて5月23日から26日の4日間に渡って開催されました。参加者の多い国は韓国(90名)、中国(55名)、日本(25名)、オーストラリア(17名)、インド(16名)、アメ …

日本語論文で修正された表現

TODの著者校正の際に,編集者から修正されていた表現の一覧. 漢字 → ひらがな 全て → すべて 従って → したがって 無い → ない 辿り着く → たどりつく なり得る → なりうる 捉える → …

【書籍紹介】図解入門 最新人工知能がよ~くわかる本

著者 :神崎 洋治 出版社:秀和システム 発売日:2016/7/5 Amazon 本書は人工知能の入門書的立ち位置にあり、以下の4つの章から構成されている。 第1章:AIの歴史。 第2章:AIのビジネ …

【書籍紹介】Pythonによる機械学習入門

編者 :株式会社システム計画研究所 出版社:オーム社 発売日:2016/11/30 Amazon 概要 最近Pythonを勉強し始めて、Pythonで機械学習を扱っている書籍を色々購入した中で読んだ一 …