投稿日: 雑記

【書籍紹介】 完全独習 統計学入門

著者 :小島 寛之
出版社:ダイヤモンド社
発売日:2006/9/28
Amazon

概要

表紙のデザインからすると、統計学に関する堅めの内容の本だと思ってしまいそうですが、実際に読んでみると、中学までの数学だけを使って非常にわかりやすく統計学の解説がされています。Amazonのレビュー等でも、解説のわかりやすさが非常に高く評価されていますが、私は「読み進めやすさ」もこの本の魅力のひとつだと感じました。この読み進めやすさが何に起因するものかを考えてみると、以下の二つの要因の影響が大きいように思います。

1. ゴールの明確さ

目次を見ると、本書を読むことで、最終的には「正規母集団で母分散がわからないときの母平均の推定」ができるようになることがわかります。このように、ゴールを明確にし、この本を最後まで読めば何ができるようになるかを事前に読者に理解させることが、読み進めやすさにつながっています。
なぜなら、各章がゴールに向かって行くのに必要なピースであることを意識しながら読むことができるようになるためです。著者自身も、最終的なゴールに対する各章の意義を随所で説明しています。たとえば本書の途中で、「母集団が正規分布とわかっていて、標準偏差はわかっているが平均値がわからないとき、観測されたデータから母平均を推定する」という問題を扱います。標準偏差だけがわかっているというようなわざとらしい問題にせず、標準偏差もわからない状態で母平均を推定しなければ意味がないと思ってしまうところですが、著者は、ここまでに紹介した知識を使ってこの問題を解決できるようになることで、最終的なゴールの問題を解くために必要な根本的な考え方が身につく、と説明しています。
本を読んでいると、全てを読み終わってから、ようやく各章の意義が理解できて、きちんと理解できるように改めて最初から読み直す、ということは珍しくないと思います。その点、本書では、最初から各章同士のつながりを理解しながら読むことができます。

2. 各章の短さ

本書は1章あたり10ページ程度で書かれています。各章の最後には、その章のまとめと練習問題が書かれているので、実質的には8ページ程度であり、10分ほどでひとつの章が読み終わります。
ひとつの章を読み終わったときに、次の章が長いことがわかると「次の章はまたゆっくり時間が取れるときに読もう」となってしまいそうですが、10分程度で読めるとわかっていると、気負うことなく次の章に進むことができました。他の書籍でもひとつの章は数ページの節から構成されていることはありますが、読み進めるうえではどうしても章という大きい塊を意識してしまいます。本書のように、10ページ程度ごとに大きな見出し付きで新しい章が始まるような構成にするだけで、心理的な読み進めやすさがここまで変わるというのは驚きでした。
さらに、この短さのおかげで、短時間で一区切りの知識が身についたことを実感しながら読むことができ、最後までモチベーションを高く持ち続けられることも読み進めやすさに影響していると感じました。

まとめ

いくら読み進めやすくても、統計学に関する知識が身につかなければ意味がないですが、他の多くのレビューにもあるように、解説のわかりやすさについても全く問題ありません。読み進めやすさも手伝って1日~2日で読み終わるので、統計学の入門用だけでなく、統計処理をなんとなく使っている人が基礎から短時間で統計学を学び直す用途にも適していると思います。


-雑記
-,

関連記事

【書籍紹介】1秒って誰が決めるの?: 日時計から光格子時計まで

著者 :安田 正美 出版社:筑摩書房 発売日:2014/6/4 Amazon 概要 著者は産総研の研究者で、「イッテルビウム光格子時計」と呼ばれる高精度な時計の研究開発に取り組んでいます。本書は時計の …

【書籍紹介】Pythonによる機械学習入門

編者 :株式会社システム計画研究所 出版社:オーム社 発売日:2016/11/30 Amazon 概要 最近Pythonを勉強し始めて、Pythonで機械学習を扱っている書籍を色々購入した中で読んだ一 …

【書籍紹介】ITエンジニアのための機械学習理論入門

著者 :中井 悦司 出版社:技術評論社 発売日:2015/10/17 Amazon 概要 機械学習のアルゴリズムとして、回帰分析(最小二乗法、最尤推定法、ベイズ推定)、分類(パーセプトロン、ロジスティ …

日本語論文で修正された表現

TODの著者校正の際に,編集者から修正されていた表現の一覧. 漢字 → ひらがな 全て → すべて 従って → したがって 無い → ない 辿り着く → たどりつく なり得る → なりうる 捉える → …

PAKDD2017 参加報告

PAKDD2017が韓国の済州島にて5月23日から26日の4日間に渡って開催されました。参加者の多い国は韓国(90名)、中国(55名)、日本(25名)、オーストラリア(17名)、インド(16名)、アメ …