投稿日: WSDM 論文紹介

【論文紹介】Online Actions with Offline Impact: How Online Social Networks Influence Online and Offline User Behavior

Althoff, Tim and Jindal, Pranav and Leskovec, Jure
In Proc. of WSDM 2017

概要

スマホのArgusという活動記録アプリのログから、ソーシャルネットワーク(SN)の形成が人の活動に与える影響を分析した論文。また、SN上で人とつながることでユーザの活動量が増えるか減るかを予測する問題にも取り組んでいる。

データ

Argusの5年間(2011年1月~2016年1月)に渡る100カ国600万ユーザのログ。ログには2種類あり、ひとつはランニング、心拍数、ヨガなど、ユーザが自ら記録するログで、もうひとつは自動的に記録される日々の歩数。
Argusには2013年11月からSNの機能が追加され、相互フォローまたは片方向フォローが可能。データセットには21万のSN上のユーザと56万エッジが含まれる。

分析

あるユーザがSN上で他のユーザとつながるとそのユーザの活動は活発になるか、を調べるために他のユーザとつながる前後でのユーザの歩数の増加量を分析。実際に歩数は増えており、オンライン上でのSNの影響が実世界にも反映されていることが明らかになった。

また、SNに加わることで、1日あたりの歩数が増加し、ユーザが能動的に記録する活動ログの数が増加し、アプリの継続使用率が上昇することが明らかになった。さらに、相互フォローを形成したユーザの方が片方向フォローを形成したユーザよりも歩数はより増加しており、いずれの種類のフォローも申請を送ったユーザの方が申請を受けたユーザよりも歩数は増加していた。このことより、より積極的にSNに関わるユーザほど歩数が増加しており、SNのオフラインの活動に対する影響が大きいことが明らかになった。

活動量の増減予測

SN上でエッジが作成された時点までのデータ(ユーザの年齢や性別、過去7日間の歩数、など)から、エッジ作成後のユーザの歩数が増えるか減るかをGradient Boosted Treeを使ってバイナリで予想。予測精度はAUCで0.785を達成。


-WSDM, 論文紹介

関連記事

Emotional Divergence Influences Information Spreading in Twitter

Rene Pfitzner Antonios Garas Frank Schweitzer In Proc. of ICWSM 2012 概要 ツイッターでリツイートされやすいツイートの性質を、ツイー …

Semantic Role Labeling of Emotions in Tweets

Saif M. Mohammad Xiaodan Zhu Joel Martin In Proc. of WASSA 2014 概要 これまでにも、ツイートに含まれる感情を推定する研究は行われてきたが …

Topic-Driven Reader Comments Summarization

Ma, Zongyang and Sun, Aixin and Yuan, Quan and Cong, Gao In Proc. of CIKM 2012 概要 ニュース記事のコメントをトピックごと …

Efficient multiple-click models in web search

Guo, Fan Liu, Chao Wang, Yi Min In Proc. of WSDM2009 概要 クリックモデルに関するこれまでの研究では、ユーザはクエリを入力して1度検索結果をクリック …

Improving passage ranking with user behavior information

Weize Kong Elif Aktolga James Allan In Proc. of CIKM 2013 概要 検索中のユーザの振る舞いを基に検索結果をリランキングする研究はこれまでにも行わ …