投稿日: その他 論文紹介

AutoWeb: automatic classification of mobile web pages for revisitation

Liu, Jie
Xu, Wenchang
Shi, Yuanchun
In Proc. of MobileHCI 2012
http://dl.acm.org/citation.cfm?id=2371604

概要

iPhone等のモバイルでのWeb検索でも,過去に見たページを再び見たいということはあるが,通常のブラウザが備えているブラウジング履歴を使うのは特にモバイルのような小さい画面には向いていない.そこでこの論文ではモバイルのためのページの再発見のためのインタフェースを提案し評価を行う.

事前調査

45人の被験者に,普段使っているモバイルで1週間好きに検索をしてもらい,そのログを分析したところ,閲覧ページの45.8%は過去に閲覧したことのあるページであり,モバイルにおけるページの再発見は十分需要があることがわかった.
通常のブラウザでページの再発見を行う方法としては,「戻るボタン」が51%と最も多く,「閲覧履歴」の21%,「ブックマーク」の19%,「再検索」が9%と続く.

インタフェース

この研究が提案するAutoWebというシステムでは,まず閲覧したページをTFIDFを用いてベクトル化し,クラスタリングを行う.クラスタごとにフォルダのアイコンを作成し,クラスタに含まれるページのうち最も最近閲覧した2ページのサムネイル画像がそのフォルダ上に表示する.また,そのフォルダを表すキーワードがフォルダの下に表示される.ユーザは自分が発見したいページが含まれるであろうフォルダを選択すると,そのカテゴリ内の全ページが閲覧した順にサムネイルで表示される.サムネイル上にはそのページを表すキーワードが表示される.

実験1

AutoWebの有用性を示すために,閲覧した各ページのサムネイルとタイトル,URLをリスト形式で時系列に並べて表示するシステムと比較を行った.
タスクは,買い物の予定を立てる,質問に対する回答の発見,旅行の予定を立てる,の3つで,26人の被験者が行った.
比較システムではページの再発見にかかる平均時間が7.83秒であったのに対して,AutoWebでは5.52秒と短縮されていた.

実験2

AutoWebではクラスタリングの精度が低いと,探したいページが予想とは別のフォルダに含まれることが多くなるため,再発見にかかる時間が長くなると予想される.クラスタリングの精度は平均で92.4%であったが,これが88.5%程度まで下がると,実験1の比較システムでの7.83秒よりも長い時間が必要となった.

実験3

AutoWebの機能に加えて,戻るボタン,閲覧履歴,ブックマーク,再検索といった通常の再発見のためによく使われる機能を備えたブラウジングを用いて,12人の被験者に1週間自由に検索をしてもらい,各機能が使われる割合を調べた.
その結果,AutoWebが42%と最も多く,戻るボタンが25.4%,閲覧履歴が13.8%と続いた.このことからも,AutoWebが戻るボタンや閲覧履歴に取って変わるような有用なものであることが示された.


-その他, 論文紹介
-

関連記事

Improving the exploration of tag spaces using automated tag clustering

Radelaar, Joni Boor, Aart-Jan Vandic, Damir Van Dam, Jan-Willem Hogenboom, Frederik Frasincar, Flavi …

Emotional Divergence Influences Information Spreading in Twitter

Rene Pfitzner Antonios Garas Frank Schweitzer In Proc. of ICWSM 2012 概要 ツイッターでリツイートされやすいツイートの性質を、ツイー …

【論文紹介】Cats and Captions vs. User Characteristics and the Clock: A Time-Controlled Analysis of Multimodal Content

Hessel, Jack and Lee, Lillian and Mimno David In Proc. of WWW 2017 概要 Redditと呼ばれるソーシャルニュースサイトに投稿された画 …

Identifying topical authorities in microblogs

Pal, Aditya Counts, Scott In Proc. of WSDM2011 http://dl.acm.org/citation.cfm?id=1935843 概要 あるキーワードに …

Happy, Nervous or Surprised? Classification of Human Affective States in Social Media

Munmun De Choudhury Michael Gamon Scott Counts In Proc. of ICWSM 2012 概要 ツイートを11種類の感情に分類することを目的とした論文 …