投稿日: その他 論文紹介

Optimizing Search by Showing Results In Context

Dumais, Susan
Cutrell, Edward
Chen, Hao
In Proc. of CHI2001
http://dl.acm.org/citation.cfm?id=365116

概要

検索結果の提示方法として7種類のインタフェースを用意し、検索タスクを達成するまでの時間やユーザの行動について比較を行う。

インタフェース

以下の7種類を用意。

  1. Category Hover:検索結果をクラスタリングして、クラスタごとにカテゴリ名とクラスタ内の検索結果を表示する。各検索結果はタイトルのみ表示される。タイトルにホバーするとスニペットが表示される。
  2. Category Inline:検索結果をクラスタリングして、クラスタごとにカテゴリ名とクラスタ内の検索結果を表示する。各検索結果はタイトルとスニペットが表示される。
  3. Category without Names:Category Hoverのカテゴリ名が表示されない版。
  4. Category Browse:検索結果をクラスタリングして、クラスタごとにカテゴリ名だけが表示される。カテゴリ名の横のボタンを押すことで、そのクラスタ内の検索結果のタイトルが表示される。
  5. Line Hover:検索結果をリスト形式で表示。各検索結果はタイトルのみ表示される。タイトルにホバーするとスニペットが表示される。
  6. Line Inline:検索結果をリスト形式で表示。各検索結果はタイトルとスニペットが表示される。
  7. List with Category Name:Line Inlineに加えて、各検索結果が属するカテゴリ名が表示される。

実験

30個の検索タスクを用意。被験者は15個のタスクを1つのインタフェースで行い、残り15個のタスクを別の1つのインタフェースで行う。
適合するページを発見した時点でタスクは終了。適合ページが見つからなければ諦めることも可。

結果

  • Categoryインタフェースの方がListインタフェースよりも達成時間は短い。Listインタフェースの方が多くのページが閲覧された。
  • Inlineインタフェースの方がホバーインタフェースよりも達成時間は短い。Inlineではスクロールに時間がかかるはずだが、達成時間は短かった。
  • カテゴリ名を提示するかどうかは、達成時間に影響なし。
  • Categoryインタフェース間では、カテゴリ名を提示しない場合の方が、より多くのページが閲覧された。

-その他, 論文紹介

関連記事

Analyzing and evaluating query reformulation strategies in web search logs

Huang, Jeff Efthimiadis, Efthimis N. In Proc. of CIKM2009 http://dl.acm.org/citation.cfm?id=1645966 …

Topic-Driven Reader Comments Summarization

Ma, Zongyang and Sun, Aixin and Yuan, Quan and Cong, Gao In Proc. of CIKM 2012 概要 ニュース記事のコメントをトピックごと …

Modeling User Posting Behavior on Social Media

Xu, Zhiheng Zhang, Yang Wu, Yao Yang, Qing In Proc. of SIGIR 2012 http://dl.acm.org/citation.cfm?id= …

Mobile App Retrieval for Social Media Users via Inference of Implicit Intent in Social Media Text

Park, Dae Hoon and Fang, Yi and Liu, Mengwen and Zhai, ChengXiang In Proc. of CIKM 2016 概要 ツイートに含まれる …

A Study of Mobile Search Queries in Japan

Ricardo Baeza-yates Georges Dupret Javier Velasco In Proc. of WWW2007 概要 デスクトップ検索とモバイル検索の日本語のクエリログに着 …