投稿日:2013/09/27 更新日: その他 論文紹介

User see, user point: gaze and cursor alignment in web search

Huang, Jeff
White, Ryen
Buscher, Georg
In Proc. of CHI 2012
http://dl.acm.org/citation.cfm?id=2208591

概要

マウスカーソルの位置からユーザの視線の位置を推定することを目的とした研究はこれまで多数行われており,カーソルの位置と視線には一定の相関があることが示されている.しかし,常に相関があるわけではないと考えられる.この論文では,どういう時にカーソルの位置と視線がより近づくかを分析し,その結果を基により高い精度で視線の位置を推定する.

データ分析

36人の被験者が32個の検索タスクをこなして得られたデータを利用.検索タスクはinformationalなものとnavigationalなものの両方が含まれる.タスクをこなしている間の視線の位置とマウスカーソルの位置を記録.

タスクをこなしている間の視線とカーソルの距離(以下,単に距離と呼ぶ)を被験者ごとに求めた結果,年齢や性別との相関は見られず,個人に依存することがわかった.また,タスクの種類がinformationalかnavigationalかということも距離には無関係であった.

検索結果中のページをクリックして,ページの内容が表示されてからの時間と,距離の関係を見ると,0.6秒後に241ピクセルと距離が最も大きくなり,2秒後以降は170ピクセルで安定する.

マウスカーソルの動きは視線の後を追うと考えられるため,何秒後のマウスカーソルの動きがリアルタイムの視線の動きに最も近いかを調べたところ,0.7秒後が229ピクセルと最も近かった.

続いて,ユーザのアクションごとに距離を調べた.ユーザのアクションは以下の4種類に分類される.

  • Inactive:カーソルを動かしていない.
  • Reading:文章を読むときに,呼んでいる箇所に沿ってカーソルを動かしている.
  • Action:リンクをクリックしたり,検索ボックスにクエリを入力するためにカーソルを動かしている.
  • Examinig:ReadingとAction以外でカーソルを動かしている.

まず,検索中に4つの各アクションが占める割合の全ユーザでの平均はInactiveが58.8%と最も多く,Examiningが32.9%,Actionが5.7%,Readingが2.5%と続く.次に,各アクション中の距離は,Inactionが233ピクセルと最も大きく,Examiningが167ピクセル,Readingが150ピクセル,Actionが77ピクセルと続く.この結果から,Inactiveの割合が全体の半分以上であるのに距離は最も大きいため,検索中のあらゆる行動時のマウスカーソルの動きを用いて視線の位置を推定するのは適切でないと言える.

視線の位置の推定

時刻tにおける視線の位置を推定するために,tにおけるマウスカーソルの位置,tまでに連続してマウスカーソルが動いている時間,tにおいて閲覧しているページが表示されてからの時間,tの0.7秒後のマウスカーソルの位置を素性として用いて,重回帰分析を行う.
実験では36人の被験者のうち35人のデータを訓練データ,残り1人をテストデータとして36交差検定を行った.実験の結果,既存研究のようにマウスカーソルの位置だけを用いた場合は236.6ピクセルのずれがあったのに対して,提案手法ではずれを181.1ピクセルまで減らすことができていた.


-その他, 論文紹介

関連記事

Identifying task-based sessions in search engine query logs

Lucchese, Claudio Orlando, Salvatore Perego, Raffaele Silvestri, Fabrizio Tolomei, Gabriele In Proc. …

Time-critical search

Mishra, Nina and White, Ryen W. and Ieong, Samuel and Horvitz, Eric In Proc. of SIGIR 2014 概要 一緒にいる人 …

Explainable User Clustering in Short Text Streams

Zhao, Yukun and Liang, Shangsong and Ren, Zhaochun and Ma, Jun and Yilmaz, Emine and de Rijke, Maart …

Web Object Retrieval

Nie, Zaiqing Ma, Yunxiao Shi, Shuming Wen, Ji-Rong Ma, Wei-Ying In Proc. of WWW 2007 http://dl.acm.o …

Identifying breakpoints in public opinion

Akcora, Cuneyt Gurcan Bayir, Murat Ali Demirbas, Murat Ferhatosmanoglu, Hakan In Proc. of SOMA 2010 …